ホームページ制作実績:すまいる青島 様

「すまいる青島」は、青島地区で日本人向けに発行されている月刊フリーペーパーで、青島に住む日本人なら知らない人がいないくらい有名です。レストラン、クリニック、不動産屋、観光名所、など地元青島地区で生活する日本人にとってありがたい情報が満載。青島を知り、楽しむために最適な情報誌です。

【制作のポイント】 進化型電子書籍サイト

紙版から電子版へ

今回は紙雑誌の電子版を作るお仕事でした。

紙雑誌の電子版を作る時、方法は大きく分けて以下の2種類あります。
①紙雑誌と同じ情報をhtmlで見れるようにする。
②紙雑誌をそのまま一つのファイルにし、そのファイルを見れるようにする。

①の場合はいわゆるホームページとして情報を見るのに対し、②はファイルで情報を見ることになります。①はインターネットに接続しないと見れなく、②は一度ダウンロードするとインターネットに接続していなくても見ることができるわけです。

見た目や機能を考えると、①の方が動きが出せる分、優れたものになりますが、作るのに時間もかかりコストもかかります。その点、②はすでにある紙雑誌の情報をPDF等のファイルにしてしまえば済むため、時間もコストも少なくて済みます。

このようなことをふまえ、お客様と相談した結果、今回の電子化では、②からスタートすることになりました。現在毎月発行されている「すまいる青島」をファイル化し、ホームページに掲載していきます。閲覧者は月ごとの「すまいる青島」ファイルをダウンロードし、読むことになります。

サイトデザインは「すまいる青島」発行会社の青島昊天広告様に担当していただきました。「シンプル」をイメージしたすっきりしたサイトになっています。メニューバーを左側のみとすることで、右画面を大きく使うことができています。また、右画面が横にスライドしていく様式はデザイン会社らしくマック風を意識しています。

作りながら変更

今回のサイト構築では「スピード重視」をキーワードとし、じっくり詳細を煮詰めてからサイトを作り込む方式ではなく、思いついたところからどんどん作り始め、作りながら変更していく方式で進めることになりました。

このように「作りながら考える」方式もゴビーズの得意とするところです。お客様と一緒になってサイト作りを行っていきます。

そのようなこともあり、まずは着手容易な紙版のファイル化からスタートし、2011年5月現在ではサイトの情報もまだまだ不完全なものとなっています。しかし、この不完全さが逆におもしろくもあります。どんどん変わっていくサイトほど見る人を惹きつけます。更新頻度とアクセス数が比例するというのは業界の通説です。