誰からも「気がきく」と言われる45の習慣

知り合いから紹介されて読んだ本です。これから社会人になる人や、社会人になりたての人にお勧めです。

「うまく気を遣えるかどうか」というのはビジネス上でかなり重要なポイントとなる気がします。もしボクが新人にビジネス手法を教える機会があったら、この内容を必ず盛り込むと思います。「気がきく」人間の周りには人が集まり、人が集まる人間は必ずビジネスで良い結果を出せると思っています。

この本の内容としては、少し細かすぎたりする部分も目立ちますが、一般的に外れていることはないので、参考にして良いと思います。もちろん全部そのまま受け入れる必要はありません。むしろ自分の経験則のほうが正しいということも十分にありますので、自分の判断基準に従って採用するかどうか決めてみましょう。

このようなノウハウ本に書いてある内容は、まず、とにかく知識として知っておくことが大切です。本来ならその内容を実践してナンボというのはあるのでしょうが、まず情報として知っていないと実行もできません。

そのため、全部を覚えようとするのではなく、とりあえずザッと目を通して項目だけでも頭に入れておくのが良いでしょう。それで、必要になったときに改めて必要ページを読むという形が良いでしょうね。

ボクは12~3年前くらい社会人なりたての頃、このようなノウハウ本をかなりの数読みました。何せ経験もなく、知識も乏しかったので、とにかく本などの書物から知識を得ようと必死でした。本を読むのが好きだったということと、通勤時間が1時間半くらいあったということもあります。

そんな時期が5年くらい続いたわけなんですが、その後は主に書物などから得た知識を「使う」方に重点を置き、できるところから実践してきました。それがここ6~7年くらいの期間です。知識を「使う」ことができたのも、その前に蓄積しておいたからだと思っています。

この期間はほとんどが中国での経験の期間で、日本語の本が手に入りにくいということと、長い通勤時間がなくなったということもあり、なかなか本を読む時間をとれていません。それでも時々本を読むのですが、読む本の種類は社会人初期の頃とちょっと変わってきました。ノウハウ本はあまり読まなくなってきています。

でも、時々こうやって自分の確認も含めてノウハウ本を読んでみるのもいいものですね。すでに知っている内容がほとんどのため読む時間も短くて済むし、意外と抜けている新しい発見なども見つかります。これからも時々時間をとって基礎固めに励みたいと思います。