日本一心を揺るがす新聞の社説

これはかなり感動した本でした。ここに集められている社説の内容もさることながら、こういう新聞があること自体に心が揺れました。

この社説が掲載されてきたみやざき中央新聞は普通の新聞のように毎日発行されるものではなく1週間に1回だけしか発行されません。そして、その内容や驚くなかれ。政治・経済・事件・事故などの暗いニュースは載っていなく、いろんな講演を聴きに言ったり、いろんな人を取材したり、して、おもしろかった話、ためになった話、役に立ちそうな話、感動した話、心温まる話などを掲載して報道している新聞なのです。ボクの大好きな福島正伸さんの話なんかも取り上げられていました。ここで紹介される本や劇や講演はぜひ一度見てみたいと思えるものばかりでした。

こんな新聞があったんですね。こういう内容ばかりを集めたメディアがあったらいいのになぁ、とここ数年間ずっと思っていたんですよね。そんなメディアがすでに存在していたことに本当に感動しました。

メディアの力はとても大きいです。そんなメディアが暗い話しか提供しなかったら、みんな暗くなってしまいますよね。明るい話だけを集めた新聞、とてもステキです。

こういう本にめぐり合えた今年はいいことがありそう。私もこういう新聞社のような気持ちを持った人間になりたいです。