もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

2010年年間書籍売り上げランキング堂々1位、いわゆる「もしドラ」ってやつです。流行には乗っておかないといけないかなと思い、遅ればせながらも最近読みました。それにしても流行ってすごいですね!公式サイトができて、漫画化されて、来年にはアニメ化、そして映画化されるそうですね。一読者として映画もぜひ見てみたいと思います。

参考サイト

さて、内容ですが、高校野球をテーマにした小説です。これまでになかった女子マネージャーが主人公となっています。弱小高校野球部が、女子マネージャーを中心に一つになり、甲子園に向けて成長していくというストーリーですね。その成長の過程で参考とするのがドラッカーの『マネジメント』というわけです。

結果は本を読んでのお楽しみということでここでは述べませんが、小説として普通に楽しめます。多少無理やりな部分や、展開が速すぎる部分はありますが、そこはご愛嬌ということで。それからドラッカーのことを知らない人でも、ドラッカーの考えを具体例を見ながら学ぶことができるという意味では、いきなりドラッカーの本を読むより、いったんこの本を読んでから本書に入るというステップも取れると思います。

このステップについては、ボクがこの本を読んで最も強く感じたこととつながるのですが、それは、こういうマーケティングの方法もあるんだな、ということです。ドラッカーの本は経営学では代表的な教科書としてよく取り上げられていて、経営学をちょっと気にしている人であれば一冊は読んだことがあると思います。ボクも大学時代にだいぶ読みました。でも、結構言い回しが難しかったりするんですよね。それでくじけてしまう人もいると聞きます。

そんな時、こういう柔らかい本が間に一冊あると、原書も理解しやすいかもしれません。このことはドラッカーとか本とかに限ったことではなくて、いろいろなことに置き換えられそうだなと感じました。ゴビーズの事業展開上も活用できるところは活用してみようかと思います。

何はともあれミーハーな方、ぜひ読んでみてください。映画公開が2011年6月とのことですので、もうしばらく流行は続くと思います。今読んでおかないと取り残されてしまいますよ!

参考情報

  • 漫画化
    → 2011年No.2号(12月22日発売)からスーパージャンプ(集英社)にて連載開始予定
    (もう始まったのかな?)
  • アニメ化
    → 2011年3月中旬頃、NHK総合テレビで放映予定(NHKというのがすごい!)
  • 映画化
    → 2011年6月公開予定(主演はAKB48の前田敦子さん)