中国の時代

「72の法則」と言うものをご存知ですか?
この法則は複利の投資利回りを計算する際に使われる簡便法だそうです。
この72という数字を、年間の利回り(パーセントで表された数字)で割ると、資金が二倍になるまでおおよその年数がわかります。

たとえば利回りが10%だとすると、

72 ÷ 10 = 7.2年

7年強で資金が2倍になることになります。

この10%という数字は、ここ数年の中国の平均GDP成長率です。
中国を一つの大きな企業に例えたとすると、売上が毎年10%で成長する会社であると言えます。
そして、中国という企業に投資することで、7年で資金が2倍になる可能性があります。
この10%の成長率は、あくまで平均値なので、かなり当てずっぽうに投資をしたとしても、毎年10%の利回りが期待できる。
なかなか悪くない投資です。

・・・という思いで、3年前に手にとったのが本書です。

著者のジム・ロジャーズは、投資家であり、以前はジョージ・ソロスとクォンタム・ファンドを立ち上げ驚異的なリターンを実現していた人物です。彼が自分の足で中国を旅行しながら、現地の空気を肌で感じとり、中国の企業を調べて書いたものが本書です。投資という観点からの旅行記としても楽しめると思います。

また本書の後半はエネルギー、輸送、観光など、セクターごとに中国企業が紹介されています。
投資先を探すのに、ペラペラめくって拾い読みするだけでも、いろいろ勉強になりました。

中国への投資を考えているならば、手に取ってみてもよい一冊かもしれません。