バフェット・コード

本書は世界第2位の資産家であるウォーレン・バフェットの投資手法について書かれたものです。

私も自分の少ない資産を少しでも増やそうと、数年前から株式投資に挑戦しています。
「まなぶこと」は「まねること」ということで、少しでも彼の投資手法を盗みたいと思っている次第です。

「まねる」には、バフェット本人が書いている本を読むのが一番だとは思うのですが、残念ながら彼は投資に関する本を一冊も書いていません。

ただ一年に一回、「株主への手紙」という形で、株主に対してレターを送っています。
(「株主への手紙」は彼の経営する会社バークシャー・ハザウェイのホームページから読むことができます。)
そのレターから彼の投資に対する考え方や投資の手法を垣間見ることができます。

その「株主への手紙」を読めばいいのですが、文章が英語の上に内容も難しい・・・。
なかなか手に負えません。

実は「株主への手紙」をダイジェスト版として噛み砕いて解説した本があります。
「バフェットからの手紙」という本です。
こちらは日本語ですが、ただそれでも私にとっては内容が難しい・・・。

それをさらに、初心者向けに噛み砕いて分かりやすくしたものが、本書「バフェット・コード」と言ってよいでしょう。
彼の投資手法を少しでも盗んでみたい方に、まずはおすすめの一冊だと思います。