イノベーションと企業家精神

P.F.ドラッカーさんが書かれた本は沢山出版されていますが、私が学生時代にP.F.ドラッカーさんの存在を知って初めて読んだ本が「イノベーションと企業家精神」です。当時は上巻と下巻に分かれていたのですが、最近は一冊になって出版されています。

ちなみに、以前はタイトルが「イノベーションと起業家精神」だったのですが、一冊になってからは”起業家”が”企業家”に変更されていますね。

 

この本では、起業家精神がイノベーションを生み出すことが、事例を挙げて説明されています。”起業家精神”と聞くと自分で会社を立ち上げた人のことだと思われがちですが、P.F.ドラッカーさんは大企業内にも起業家精神は存在し、大企業に属する社員だからこそ実現できるイノベーションがあることを説明されています。

初版出版から25年経過していますが、私にとっては今読み返しても新たな発見が多い本ですね。