永遠の旅行者

 

  • 橘 玲
  • 発売日 : 2008/08
  • 出版社/メーカー : 幻冬舎
  • おすすめ度 :

日本に休暇で帰っていたときに「永遠の旅行者」という本を読みました。「黄金の羽根」シリーズの著者橘玲の小説です。この作者の本は、自分の人生観としっくりくるものがあって、読んでいていつも納得させられることが多いです。

今回の小説は、PTである主人公が見ず知らずの老人から報酬一億円の謎の依頼を受け、ハワイ、日本、香港、アメリカを舞台に解決してくというお話。PTとは Perpetual Travelerの頭文字で、どの国の居住者にもならないことで、合法的に税金を払わず、国家の束縛から自由に生きるというライフスタイル。

小説というよりは、投資や経済の周辺解説を小説風に仕上げたものと言っていいと思います。そのため随所に金融知識がちりばめられ、プライベートバンキングやハワイでの会社の作り方など、とてもリアルに描かれているので、これを読んだあとは試してみたくなります。小説としても面白く、久し振りに夢中になって読んだ一冊でした(本は上下2冊ですが)。